NATURE, ONSEN, MUSIC, & US !!

UNZEN SANKAKU FES. 2019

本年は8月10日・11日の二日間に渡り開催
長崎県雲仙市白雲の池キャンプ場&雲仙温泉街

“ 自然 × 温泉 × 音楽 ”

避暑地・雲仙の原点に還る
High-Collorな2日間

温泉地として知られる長崎県雲仙市。明治初期より自然と人が共生する避暑地して、多くの人々に愛されていました。そんな風景を復活させたい。その思いから、自然・温泉・音楽そして人が織りなすアウトドアフェスを開催します。

初の『 2DAYS 』開催!

EVENT WILL START IN

  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Add to My Calendar 2018-08-11 09:00:00 2018-08-11 18:00:00 japan 雲仙▲フェス 自然×温泉×音楽”の地域活性型の夏フェス「UNZEN△FES.2018」 温泉地として知られる長崎県雲仙市。明治初期より自然と人が共生する避暑地として、多くの人々に愛されていました。そんな風景を復活させたい。その思いから、自然・温泉・音楽そして人が織りなす野外フェスを、8月11日に開催します。 長崎市雲仙市雲仙白雲の池キャンプ場 CTHthemes unzen.sankaku.fes@gmail.com

Line Up

ARTIST :

七尾旅人
MORE THE MAN
BimBomBam楽団
Asuka Ando Dub U Set
Nadja
BAN’S ENCOUNTER
ALBRIGHT KNOT
NoiとZen
rocomoon

DJ MARK
DJ Kenji Hasegawa
DJ MASUO
DJ mitsugu a.k.a mick
DJ NatsukiT

And more…

SHOP : SOON!! まもなく公開。

ACTIVITY : SOON!! まもなく公開。

TICKET

5月11日開催
「蒼ノ扉」(エコパーク論所原)会場にて
超先行販売開始!

蒼ノ扉来場者限定価格での
数量限定販売となります!

一般販売

1次先行販売
5月15日 ( 1 Day ¥2,500 / 2 Day ¥4,000)
2次先行販売
6月1日 ( 1 Day ¥3,000 / 2 Day ¥5,000)
3次先行販売
7月1日 ( 1 Day ¥3,500 / 2 Day ¥6,000)
当日券
( 1 Day ¥4,000 / 2 Day ¥7,000)
※チケットのご購入・会場へのご来場にあたって下記イベントルール(注意事項)にご同意をお願いします。

RECRUIT MEMBERS

UNZEN UNZEN△FESFESFESにご協力いただけるメンバー、応援して下さる企業様を募集います!

MUSIC PERFORMERS

 

VICE POP

Biography

「BlieAN」としても活躍するKenji Georgeの元に、音楽と酒に導かれ現メンバーが集結。
2019年5月より始動!
TRUE ⇔ LIE / 欲 ⇔ 無 / NOISE ⇔ SILENCE / 生 ⇔ 死 / LOVE ⇔ HATE / 泥酔 ⇔ 素面 / VICE ⇔ POP

(Vo/Key)Kenji George
(Ba/Cho)Rice
(Drums)Mark
(Regular Guitar)Izuken / Joe

 

玉井夕海

Biography

1977年8月6日、東京生まれ。東京芸術大学建築科在学中に、宮崎駿主催アニメーション演出家養成講座「東小金井村塾 2」 修了。(この縁により、映画『千と千尋の神隠し』リン役に抜擢。声優としては他に、同塾同窓生のアニメーション演出家・宮地昌幸作品『亡念のザムド』紅皮伊舟役)天草の海から受 け たイン スピレ ーションを 元 に 作り上 げ た 映 画『 もんしぇん』(製作 シグロ・MK)では脚本(山本草介・海津研との共作)、主演、音 楽を担 当。その後は、女優として『空中キャバレー』(串田和美 演出/まつもと市民芸術館) や、『南へ』(NODAMAP・野田秀樹 演出/東京芸術劇場) などの演劇作品へ参加。2012年は再び天草を舞台とした映画『NOT LONG,AT NIGHT』の主演を務め、同作は第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>にノミネート。平行して、2009年『TAPPERS RIOT 2』(熊谷和徳 演出)、2013年『渋さ知らズ大オーケストラ<天幕渋さ船~龍轍MANDALA~>』(神奈川芸術劇場)ではゲストヴォーカリストを任されるなど(以降<渋さ知らズ>メンバー)、歌手・シンガーソングライターとして評価され始める。又、アートプロジェクト<赤崎水曜日郵便局>(2013~2016)では総合力を買われ、メインスタッフに。2015年9月、『渋さ知らズ』リーダー・不破大輔プロデュースでアルバム『MOTHER SUN』(Fuwa Works&地底レコード)リリース。 映画『White Elephant』では映像作家・神田光と共同監督を務める。現在は、WISE OWL HOSTELS TOKYOを舞台に新企画<東京湾ホエールズ>を展開中。

https://www.tamai-yoomi.com/?fbclid=IwAR2rAZ4rBSSKYHdvXMjt6aatjh2vJXyHh_OYz7D0bIEKY3Jeyg6Bpi-syNA

 

DJ ero

Biography

大日本アナログ党所属。 jazzを中心に土着的でエレクトリックなworld music をvinylオンリーでプレイ。 特に近年はサンバから器楽系まで南米のあらゆる音楽に没頭し、レコードを集める日々。福岡在住。

 

☆.A NAOITO

Biography

<☆.A/NAOITO作者まえがき>
アーミーなアフロビートを大所帯バンドで奏で、またソロ名義では世界を旅する孤高の旅人として世界中の民謡、歌謡、ジャズ、チャント、民族音楽、現代音楽をあらゆる言語やハナモゲラなどすべて雑食に内包しダーティーに弾き語り2010年と2011年に2枚のアルバムを発表。奇しくも2011年3月11日の東日本大震災の5日後に発売されたセカンドアルバムには原子力や利権社会の不条理へのシュプレヒコールとコンビニエンスな消費ライフを危惧するメッセージが多く含まれていた。しかし2014年のKingdom Afrocks解散後拠点を東京から鎌倉へと移し音楽シーンから姿を消すことになる。 詩や歌にして表現するだけでは満足できなくなり、実践へと繋がる自らのイノベーションに木工を選び、大工の手元として働らく傍ら子を授かり孤高の旅人は孤高であることをやめた。しかし友人の病死とバンドメイトの事故死という更なるガイダンスが導いたのはドラムとアフロビートであった。 そうして7年の歳月が経ちあたらしい音楽が生まれることになる。

今作品ではアフロビートにおけるエンジン部分であるドラム、卵が転がるようにグルーブを前に後ろにと操るベースラインと楽譜教育を早々にドロップアウトした者特有のプリミティブ&スピリチュアルなコードワークを鍵盤で、日本で第一人者と自他ともに認めるアフロビートの心臓音であるジャムブロック、ひたすら反復&反骨するギターフレーズは通称労働者組合パート、これら全てを本人が演奏するという意欲的作曲方法に挑戦。鎌倉ローカルの重鎮がふたり、その制作をサポートする。ダンスミュージックシーンにて世界からの評価も高く今作品の共同プロデュースを担うMikey Varrot (Jazzy Sport/dedication /cinema caravan)と大工の親方でありながら唯一無二の鍵盤奏者”Bocchi”こと高橋雅裕。ふたりと、共に旅をし、職を共にし、技術をシェアしながら非常に地に足の着いた3年に及ぶ共同作業が続いた。更にそこにKingdom☆Afrocks後期のホーンセクションをリードしたsax.KIDSこと橋本剛秀がオーセンティック&精霊的スピリチュアルなサックスを捧げることにより☆.Aが誕生した。 KIDSと同様にex.Kingdom☆Afrocksでありフリー&スピリチュアルジャズなsaxを奏でるいなっちこと稲田貴貞、ファーストアルバムからずっとNAOITObandのドラムスを担当し、本当はラテン病なのにここまでアフロ病に献身的に付き合ったドラムスの和田KG(on track 01&06&07)、今作におけるこのふたりの貢献は非常に大きい。

レコーディングエンジニアには奥田泰次(studioMSR)を迎え、そこでNAOITOは昨今のジャーマンテクノから大きな感銘を受け2010年代終盤、現代の音を創造することに意気投合しリバーブを使わないミックスに挑むことになる。 今作品のリリース元となるJazzy SportのCEO. Masaya Fantasistaの商用的ファストミュージックではなくひとつのファインアートとして作品を完成させ世に届けようとするおおらかなサポートのもとこの☆.Aは1年間の制作期間を経て完成し、より多くの世界中のいわゆるタマラナクオスキナ人達へと届けるべくして7月に念願のリリースを迎える。 かつて帝王マイルスデイビス曰く未来の音楽と言われたふたつの音楽がHipHopとAfrobeatであった。その音楽がこうやってまた新たに日本から発せられオーガニックでテクノなグルーヴと多幸感が世界へと拡散していく様をどうか見逃さないで欲しい。これは全てのLittle Drummer Boyへの讃歌であり、日本発の音楽という素敵なシュプレヒコールなのかもしれない。
正しい読み方はdotA ドットエー。

 

アラスカミツ

Biography


Vo.+AG ミツ(アラスカ.ミツ/alaskamitsu)によるSoloWork.
アラスカという音の響きがきもちよかっただけで、名前に意味はない。
天草福連木の山を拠点に、オリジナル曲をギター弾き語りでうたう。
since 1996 夏 https://alaskamitsu.com

 

七尾旅人

Biography

’79生まれのシンガーソングライター。’98のデビュー以来これまで『911fantasia』『リトルメロディ』『兵士A』などの作品をリリースし『Rollin’Rollin’』『サーカスナイト』などがスマッシュヒット。唯一無二のライブパフォーマンスで長く思い出に残るステージを生み出し続けている。即興演奏家としても、全共演者と立て続けに即興対決を行う「百人組手」など特異なオーガナイズを行いオルタナティブ・シーンに地殻変動を与え続ける。その他、ビートボクサー、聖歌隊、動物や昆虫を含むヴォーカリストのみのプロジェクトなど、独創的なアプローチで歌を追求する。開発に携わって来た配信システムDIYSTARSを使って【DIYHEARTS東日本大震災義援金募集プロジェクト】や、世界中の貧困地域、紛争地域から作品を募り流通回路を開く【DIYWORLD】を開設。2018年12月にニューアルバム『Stray Dogs』をリリース。

 

rocomooon

Biography

日本語でも英語でも、どこの国の言語でもない、「言葉」の枠を飛び越えた独自の声を持つ。 大地、木々、水、あらゆる自然と呼応するように紡ぎ出される声は、 力強くてやさしい風のように聴く者を包み込む。 そして躰の奥に眠る遠い記憶の泉に、静かに深く、波紋を広げ響いていく。 これまでに音楽家、舞踏家、写真家etc.…数多くのアーティストとの共演を果たす。 元LUNASEAのSUGIZO氏らのユニット、S.T.Kに参加。渚音楽祭に出演。 「Human BE-IN’06」にて、谷崎テトラProject<谷崎テトラ+SUGIZO+rocomoon+Dance+Poetry>として坂本龍一の「Stop Rokkasho Remix」を演奏。 Earth Day, 八ヶ岳GREEN MUSIC FESTIVAL Vol.0、COP10すべてのいのちのまつり、ハンガリー国交復興50年「ネオジャパネスク」ハンガリー公演等出演。 その他、神社仏閣、ライブハウス、画廊、野外イベントなど広く活動。 2012年11月 Kanata musicより2nd Album『家路』をリリース。

■HP
http://www.rocomoon.net

 

NoiとZen

Biography

Noi(11歳、男)
歌、ウクレレ、ドラム

Zen(34歳、男)
歌、ギター

二人は親子で、それぞれのオリジナル曲の他、ブルーハーツ等のカバーも歌う。九州を拠点に、西日本各地のカフェ、居酒屋、雑貨屋、ライブハウス、野外イベント、マルシェ、庭、船上など、様々な場所に出没。

■参考URL
http://noitozen.tumblr.com/

 

Nadja

Biography

モザンビーク共和国ペンバ在住。マコンデ族。ギタリスト&ボーカリスト。
1987年マコンデ族の故郷・ムエダ村生まれ。モザンビークを代表するミュージシャンである故・Nangundoに育てられる。マコンデ族の伝統と精神をコアにして、民族の誇りや社会問題、スラムの日常をテーマに作詞作曲し歌い上げる。
5歳までモザンビークの悲惨な内戦に巻き込まれ、同じ国民同士が傷つけ合い、血を流した記憶が脳裡に焼き付いている。その経験が彼の争いごとを怖れ、平和を心から望む精神の一要素となっている。隔年行われるモザンビーク最大規模の音楽祭での公演や、政府の社会貢献イベントでの演奏等、精力的に活動を展開。2017年はモザンビーク大統領夫人とスワジランド王妃のセレモニーでも演奏を行ない喝采を博した。ナジャの居住するスラムの子供・青年たちの可能性を切り開くため、『NGOモザンビークのいのちをつなぐ会』の活動を設立当初から手伝っており、またスラムの青年協同組合PVMの代表を務める。

 

MORE THE MAN

Biography

冷牟田竜之(ex 東京スカパラダイスオーケストラ)が2016年3月31日に立ち上げた新バンド。スペシャルズの2ndを連想させるバンド名で、神出鬼没、ライブ・シーンに殴り込みをかける。ファースト・アルバム『Reaper』には、激しくもクールなオリジナル楽曲群、「傷だらけの天使」や「James Bond Theme」「ルパン三世」などのカバーも収録。スカパラ在籍時から一貫して追い求めてきた、ロック/ス カ/ジャズのもっともヒリついた部分を抽出してミクスチャーしたサウンド。 2017年のフジロックでは元晴(ex SOIL &”PIMP”SESSIONS)加入が決定!スペシャルなステージで荒れ狂う姿を各地で展開! 2018年2月よりOhyama”B.M.W”Wataru (ex PE’Z)がtpとしてサポートメンバーで参加。 クールでスリリングな音を追い SKA(ダンスミュージック)をアップデートし続ける。 2018年6月30日 現メンバーとしては初のミニアルバム 「Eyes Wide Shut」 配信リリース開始。 2019年4月10日 冷牟田竜之 (ex 東京スカパラダイスオーケストラ ) 元晴 (ex SOIL&”PIMP”SESSIONS ) Ohyama ”B.M.W.” Wataru (ex PE’Z ) 日本のインストシーンを牽引した3バンドのメンバーが奇跡的に集結 MORE THE MANが放つ 2ndアルバム 「Eyes Wide Shut」 4月10日発売 ロッカーズ モッズ ルースターズによる 福岡発のムーブメント 「めんたいロック」のアイコン的存在である 陣内孝則を迎え 福岡ミュージックマンスのテーマ曲として 制作された「黒田節」をロックテイストに再MIX 百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)を迎え 昭和歌謡の匂いを抽出した 「バタフライ」 同じく百々和宏を迎え 西条秀樹 ギャランドゥ をカバー 野村太一(Yellow Studs)を迎え 男の哀愁漂う 「さえずり」 オールマンブラザーズバンド 爽快なJessicaのSKAカバー 映画 「Taxi Driver」のMain theme曲を dubアレンジ ゲストに Ohyama ”B.M.W.” Wataru (ex PE’Z /BimBomBam楽団)も参加 爆発するエネルギーを内包した pistol 全12曲 アルバムリリースと共に 2019年4月13日より LIVE TOUR 2019 SMASH ! を開催 Profile More The Man is a new band founded by Tatsuyuki Hiyamuta (ex. Tokyo Ska Paradise Orchestra) on March 31, 2016. The band name hints a nod to the first two albums by The Specials. With younger band members (in their 20s), this project is a sudden punch in the face to the live music scene. More The Man’s first album “Reaper” contains intense yet cool original songs, as well as covers such as “Kizudarake No Tenshi,” “James Bond Theme,” and “Lupin the Third.” The edgy mixture of rock, ska, and jazz is the core sound Hiyamuta has been pursuing since his years in Tokyo Ska Paradise Orchestra. Motoharu Fukuda (ex. SOIL &”PIMP”SESSIONS) officially joined the band from Fuji Rock Festival this year. This special stage lineup has been stirring live performances all over the place. Wataru Ohyama (ex PE’Z) joined as a supporting member on trumpet since February, 2018. With their cool and thrilling sound, More The Man continues to update the genre of dance music called “Ska.” A new EP with the current members entitled “Eyes Wide Shut” is scheduled to be released digitally on June 30, 2018.

■音源リンク集

Lonely Wolf

バタフライ feat 百々和宏

Attack of Flame

Smash

Upset the Revolt

SKA KURODABUSHI feat 陣内孝則

Taxi Driver

Jessica

さえずり feat 野村太一

ギャランドゥ feat 百々和宏

City Riot

レモンドロップス

 

 

Eyes Wide Shut(DropBox)
https://www.dropbox.com/sh/bcdf0jaqoaqmusa/AABZB1erAdwfE2yqWH4HLW-Ya?dl=0

 

DJ NatsukiT

Biography

AMBIENTCOFFEE / TERAKADO DESIGN MUSIQUE
千葉県出身、南島原在住のDJ。
島原半島では「くちのつ巷珈琲焙煎所」のオーナーという程度の認知度で一部のパーティーフリークを除いて未だ知られていない。アンダーグラウンドのシーンにおいて楽曲などのリリースこそないが現場のDJやイベントのオーガナイズで日本各地やオーストラリア、ドイツはベルリンにて活動を築いてきた。そのキャリアは20年を越える。主に空間を意識したアンビエントやチルアウトなどのフリースタイル。あるときはクリエイティブなダンスミュージックでストーリーを繋いでいくロングプレイを得意とする。近年はアナログレコード環境に拘った音響屋「TERAKADO DESIGN MUSIQUE」を始動。2020年頃には「Coffee&Music」をテーマに新しい形のジャズ喫茶 OTOTOCOFFEE(音と珈琲)をオープン予定。

■音源URL

 

DJ mitsugu a.k.a mick

Biography

1976年、長崎市生まれ。18歳よりHIPHOP,R&BのDJを始め、その後SOULのDJを経て、DEEPHOUSEの世界へ辿り着く。現在はAFROな生音、黒いGROOVE、太鼓系の音楽を求めさまようDJとして活動中。東京都内の様々なclubやcafe、LOUNGE等でDJプレイし、2006年1月にダンスミュージックの起源であるアフリカの太鼓の響き、大地の響きを辿るクラブイベント 「 AFRO STYLE(http://sound.jp/afrostyle)」を立ち上げた。2006年9月、アフロビートの生きる伝説であるTONY ALLENとafter party@代官山SALOONにてついに共演した。2010年4月には、DJ TOZAWA氏と「AFRICAN GARAGE」プロジェクトを始動。「アフリカの音源を倉庫から掘り出して、曲を作り出していく」という主旨の元、楽曲製作を開始する。日本随一のアフロビートバンドであるJariBu Afrobeat Arkestraのリミックスを手掛けたりと、クラブDJだけには留まらず、過去~現在~未来へ、クラブミュージックにおけるAFRICAのVlBES を追求し続けている。2011年には、満を待して日本発のトライバルダンスミュージックレーベル「TOTEM TRAXX」より多くの作品をリリース。

■参考音源
https://www.beatport.com/artist/dj-mitsugu-a-k-a-mick/198844

https://itunes.apple.com/jp/artist/dj-mitsugu-a-k-a-mick/429895803

 

DJ MASUO

Biography

1974年長崎生まれ東京/練馬育ち。ロックに青春を捧げた十代の最後、90年初頭のクラブカルチャーに刺激を受けナイトクラブに活動の場をシフト。歌舞伎町を主戦場に大小幾多のDJ/パーティーを経て、1998年DJ Nori, Fukuba, 長谷川賢司, Alex from Tokyo等と共に立ち上げた”Sunday Afternoon Session ~ Gallery”では、David Mancusoとの邂逅からパーティー観を根底から見つめ直しサウンドシステム面の中心を担う様になる。2008年には渋谷Lighthouse Recordsを創業。オーナーとしてレコード文化の存続に情熱を傾ける。福岡に拠点を移した近年はより活動範囲を拡げてDJ行脚に勤しむ一方、Nick the Record, Paul Murphy (Claremont 56), Kim Lightfoot, Tiago, Chida, Calm等といった国内外のDJを招いたパーティーをオーガナイズ。また新たな試みとしてThe LoftファミリーであるColleen ‘Cosmo’ Murphyが創立し世界中で催されている最高級のオーディオで名盤を紹介/鑑賞する新感覚のリスニング・セッション”Classic Album Sundays”を日本で開催し、大きな話題を呼んでいる。 そして2017年、自身の理想を追求するべくレコードストア、書籍、飲食店、イベント会場を統合したカルチュアル・スペース”Desiderata”を福岡にオープン。地域に根差した新しい伝統を作るべく邁進中。

ACCESS

駐車場情報

来場者無料駐車場
サンカクフェス特設第1~3駐車場をご利用の上、シャトルバスで会場までお越しください。

Shuttle bus

シャトルバス : 30分おきに1本 (各停留所は上記マップを参照してください)※フェスチケットまたはリストバンド提示で乗車可能

時刻表はコチラ (公開までお待ちください)

主催:雲仙青年観光会

協賛:雲仙市

後援:長崎県、 雲仙市商工会、(一社)雲仙温泉観光協会、雲仙旅館ホテル組合、雲仙プラン100地域づくり委員会、(一社)島原半島観光連盟、㈱長崎新聞社、㈱JTB長崎支店、パナソニック㈱、LUMIX CLUB PicMate、雲仙飲食店組合

運営:UNZEN△FES実行委員会

共有してください

back to top